メリットが沢山!従来の煙草とは違う電子タバコとは

メリットが沢山!従来の煙草とは違う電子タバコとは


電子タバコは煙ではなく蒸気を吸い込む

従来の所謂紙巻たばこと呼ばれる物は乾燥させた煙草の葉を燃やして出る煙を吸う事で楽しむ物でしたが、電子タバコはそれとは異なり、専用のリキッドと呼ばれる液体を電子タバコ器の内部で蒸発させ、その蒸気を吸う形で楽しみます。最大の違いは紙巻たばこの煙に含まれるタールの有無です。煙草が体に及ぼす害の多くを占めていると言われるこのタールですが、電子タバコではタールが発生しないのです。そのため電子タバコでは身体への健康被害を抑えることができ、また副流煙による他の人への健康被害も同じくして抑えることができます。匂いも燃焼させる煙草とは違って電子タバコでは不快な匂いになる事が少なく、煙と違って蒸気なので周囲の人の服や壁などに匂いがつくこともほとんどありません。

より自分好みの味に調整できる

電子タバコは中にリキッドと言われる液体を入れて、それを蒸発させた蒸気を吸うという構造をしているため、リキッドの配合を自分で調節することでより自分好みの味の蒸気を作ることができます。当然ながらニコチンが入っていないリキッドも多く発売されているため、今まで煙草を吸わなかった人でも嗜みやすいのが特徴です。また実は日本国内でのニコチン販売は許されていないため、中毒性があるニコチン入りのリキッドを使うためには海外からの輸入品を手に入れる必要があり、少し手間がかかるようになってます。逆に言うならこれは電子タバコを普通に嗜むだけなら中毒性の有るリキッドに手を出してしまう危険性がないということでもあり、より安全でクリーンな嗜好品として安心して使う事ができることでもあるのです。

ニコチンリキッドとは、電子タバコを吸うために必要なニコチン入りの液体のことです。爽やかなメンソール味やスイーツ好きにはたまらない甘いフルーツ、デザートリキッドなど沢山の種類があります。