どこが違うの?電子タバコと通常のタバコの違いを比較!

どこが違うの?電子タバコと通常のタバコの違いを比較!


ニコチンが含まれているかどうか

電子タバコと普通のタバコの大きな違いとして挙げられているのが、ニコチンが含まれているかどうかという点です。実は日本ではニコチン入りの電子タバコの販売が禁止されているため、一般的に販売されている電子タバコにはニコチンが含まれていません。含まれていても本当に微量なので、普通のタバコのようなニコチンの香りや味はしないと言われています。もちろん普通のタバコにはニコチンが含まれているのですが、ニコチンが含まれていなくても普通のタバコの味が楽しめるように配慮されている電子タバコも多いです。

出ている煙の成分が大きく異なる

普通のタバコから排出される煙には、ニコチンやタールなど健康に悪影響を与える成分がたくさん含まれています。そのため副流煙で健康被害が起きてしまう危険性や問題が指摘されているのですが、電子タバコの場合はニコチンやタールがほとんど含まれていません。そもそも電子タバコの煙は水蒸気なので副流煙とは異なり、健康被害を与えるような成分がほとんどないと言われています。このため健康面での被害があるかどうかという点も、電子タバコと一般的なタバコの違いとなっています。

タバコとしての仕組み

そして最も大きな違いとして挙げられているのが、タバコそのものの仕組みです。一般的なタバコはタバコの葉を紙で包んだものに火をつけてその煙を吸うのですが、電子タバコの場合はタバコを炙るのではなく専用の本体を使って過熱するシステムになっています。タバコの葉を直接使っているわけではありませんし、水蒸気で加熱したものを吸うことになるので必要となる道具も普通のタバコとは異なります。

電子タバコとしてリーズナブルな価格と斬新なデザインです。充電器や収納ケースも売っているのですべてがこの業者で揃えることができます。これがvapeのおすすめポイントとなっています。