電子タバコって健康に悪くないの?受動喫煙の問題がないって本当?

電子タバコって健康に悪くないの?受動喫煙の問題がないって本当?


ニコチンやタールによる害がない

タバコのパッケージには健康に関する文言があり、吸うとそれなりに健康を害するので注意しなければいけません。一方電子タバコに関しては同じタバコの文字が入っているもののタバコと大きく異なり、健康面の問題が少ないのがメリットでしょう。まずタールや一酸化炭素による問題は全くありません。またニコチンに関する問題も日本製や日本のショップで販売されているリキッドを使えばありません。海外で販売されているリキッドにはニコチン入りのものもありますが、入手するには個人輸入などをしないといけないので普通に日本で利用するときに知らずにニコチンを摂取したりはしないでしょう。健康面での問題のすべてが判明されてはいませんが、タバコに比べると健康問題が少ない嗜好品です。

周りに迷惑をかけずに楽しめる

タバコの問題として受動喫煙があり、吸うときに出る煙が吸う人本人だけでなく周りに影響します。自宅で吸えばタバコを吸わない家族がタバコによる健康被害を受ける可能性があり注意しなければいけません。電子タバコもタバコ同様に煙のようなものが出るので、もしそれに害があるならタバコ同様の問題がありそうです。実は電子タバコから出る煙のようなものは煙ではなく水蒸気で受動喫煙の問題は全くありません。煙だとその中に含まれる油がにおいとして染みついたりしますが、水蒸気なのでにおいはしても洋服などに染みついたりしません。今のところタバコと同じ扱いを受けているのでどこででも吸えるわけではありませんが、周りに迷惑をかけにくいのがメリットと言えるでしょう。

vapeのタバコフレーバーは、タバコフレーバーでありながらもニコチンは含まれていません。したがって、禁煙にも使うことが出来ます。